入れ歯・ブリッジによる口臭

入れ歯・ブリッジによる口臭

入れ歯・ブリッジによる口臭

口の悪臭の原因として、多くの人を悩ませている歯垢。この歯垢が特に溜まりやすいケースには、「入れ歯」や「ブリッジ」といった、人工的な歯を入れている人が挙げられます。
こういった義歯を使用している場合、通常の人の口内よりすき間が多く、そこに食べ残しが詰まりやすい状況になっています。よって、いくらしっかりと口の中をゆすいでも食べ残しが出てこず、そこに溜まったままになる事がままあるのです。そうなると、当然歯垢の温床となります。

 

これは差し歯も例外ではありません。差し歯の継ぎ目に食べ残しが溜り、歯垢となるのです。それが口臭となってしまい、慢性的な症状となるケースは多々見受けられます。
一方、総入れ歯の場合はどうでしょう。総入れ歯だと自分の歯が一切無いため、歯に歯垢が付く事はないから口臭はしないと誤解されがちですが、実はそうではありません。
むしろ、総入れ歯の人こそ口臭のトラブルが起こりやすいと言われています。

 

なぜなら、歯垢は歯だけではなく、歯茎にも付着するからです。そのため、入れ歯だけを洗い口の中は放置している場合、かなり強い口臭が発生する原因となり得ます。実際、そういった人はかなり多いようです。

 

歯垢は、歯に付いた分は、歯医者に行けば割とすんなりと掃除できます。多少削る事になりますが、痛みはほとんどありません。しかし、歯茎の場合はなかなか掃除するのが難しく、クリーニングをできる歯医者も限られてきます。そういう意味でも、総入れ歯の人は常に口内をケアする必要があるでしょう。

虫歯による口臭

子供の頃、歯医者に行くのがイヤで虫歯を放置していた…という人は、恐らくかなりの数に上るのではないでしょうか。
歯医者のあの特有の臭いを嗅ぐだけでも、足が震えてしまう。あのギュイーンって音を聞くだけで、気持ち悪くなってしまう。歯医者という場所は、そんなトラウマを抱いた子供をたくさん生み出した場所といえるかもしれません。

 

入れ歯・ブリッジによる口臭

 

そういった幼少期の体験もあって、大人になってもなかなか歯医者に行けない、という人は大勢います。それによって、虫歯が放置状態となってしまうケースは多々あるようです。
通常、虫歯が進行すれば激痛が生じ、我慢できなくなるものですが、場合によっては神経が死んでしまい、痛みすら感じなくなる事もあります。これを「あ、もう痛くないから歯医者に行かなくていいや」と認識し、治療をせずに放置しているというパターンが、実に多く見受けられるのです。
この放置された虫歯こそが、口臭の原因の一つとなります。虫歯は表面がくぼんだり、穴が開いたりします。そこに食べ物のカスが溜まるのは、ほとんどの人が経験した事のある状態でしょう。

 

いくら歯ブラシでしっかりとこすっても、そういった所に溜まったカスを完璧に取り除くのは至難のワザです。結果として残ったカスが発酵し、口臭の原因となってしまうのです。
さらに事態が悪化すると、歯茎に膿が溜まり、腐敗臭が口から発せられるようになります。そうなると、自分でも口臭を自覚してしまうほどの強烈な臭いとなります。虫歯は、口臭の大きな原因の一つなのです。

体調による口臭

口の中の臭いというと、食べた物の臭いを連想する人が多いと思われます。
しかし、実際にはそれだけではありません。口臭は、自分の身体の臭いでも
あるのです。つまり、体調によってその臭いは変化するという事になります。
口臭の原因として考えられる、体調に関するトラブルとしてよく挙げられる
のは、「ストレス」と「唾液に関する病気」です。まずストレスですが、こ
れは現代社会に生きる人間であれば、多かれ少なかれ抱えている問題ですね。
そのストレスが、口臭の原因になるというのです。
人間の口の中では、唾液が絶えず活動しています。食べ物の残りカス、細菌
といったものを唾液によって洗い流し、口の中を清潔に保つというシステム
が、生まれながらに構築されているのです。
ですが、ストレスが過剰になると、唾液の量が極端に少なくなります。緊張
している状況において、多くの人が経験している事ではないでしょうか。そ
れも、ストレスが原因です。
唾液が少なくなると、口内の悪臭の原因となる物質をしっかりと洗えず、い
つまでも口内に残したままになります。そういった状況が長らく続くと、口
臭が発生してしまうのです。

同じ事が「唾液が少なくなる病気」にもいえます。唾液の量が少なくなる病
気としては、「ドライマウス」や「唾液腺炎」さらには「糖尿病」等があり
ます。
こういった病気によって口内が乾いてしまい、悪臭が発生してしまうのです。
これらの口臭は体調を整える事で軽減できますが、とはいえなかなか難しい
面もあります。

舌による口臭

人間の口内は、歯、歯茎、そして舌によって構成されています。そして、これら全てが口臭の原因となる可能性があります。つまり、舌もまた口臭の原因の一要因というわけです。
舌というと、歯と比べて積極的に磨く事が少ない箇所ですね。そのため、舌に常に白や黄土色の苔のようなものを付着させたままの人も少なくありません。
この苔は「舌苔(ぜったい)」と呼ばれています。食べカスなどが溜まっている状態で、当然悪臭の一因となります。

 

ただし、舌苔が全くない人間は、まずいません。というのも、舌苔は人間の身体のメカニズムの一部として機能しているからです。舌には、味を感じるための細胞があります。

 

その細胞を有している「舌乳頭」という突起が舌にはありますが、ここに舌苔が付着する事で、舌乳頭を保護する状態になるのです。そのため、白い舌苔が薄く付着している程度であれば、何ら問題が無い状態といえます。

 

問題なのは黄土色になっている状態で、舌全体にビッシリと舌苔が付着している場合です。そうなってくると、悪臭が生まれる可能性はあります。舌苔があまりに多いと、細菌も発生し放題となり、口内全体が悪臭の温床となってしまうので、舌は定期的に磨くようにしましょう。

 

尚、全く舌苔がなく、真っ赤な舌をしている人は、それはそれで問題です。

 

舌乳頭の働きに支障をきたす恐れがあります。そうなると唾液の分泌に問題が生じ、やはり悪臭の原因となってしまう恐れがあります。

 

入れ歯・ブリッジによる口臭

気になるサイト

ふとした時に目の下が痙攣することはありませんか? ひと昔前まではテレビが主に目に負担をかける原因でした。 ドライアイが全然、治らない… それって本当にドライアイ? 目が渇く、瞼がけいれんする目がゴロゴロする… 同じ症状で全く別の目の病気があった!? その病気とは? 見分け方は? 目の病気で、ここ15年ほどで飛躍的に増加しているものがあります。特に片方のまぶただけが痙攣すると、気になって仕方がないですよね。 一方でまぶたが痙攣する程度だからと、特に気にしないという方も多いかもしれません。ですが、実はまぶたの痙攣は、目からのSOSだということをご存知でしょうか?


ホーム RSS購読 サイトマップ